研究内容

近い将来、EC業界は大きな変貌を遂げます。「物を買う」物流時代から、データを買って各家庭のフルマテリアル 3Dプリンタで「物を生成」する世界がやってきます。「これが欲しい…」とネットで探した商品のデータをダウンロードして, 自宅の3Dプリンタで瞬時に生成して手に入れることが可能となるのです。物体の色や形の情報を正確に獲得し,適切な画像特徴抽出 ・認識・処理を施してデータ通信を行い,それらのデータから人間の視覚特性や照明環境を考慮して画像・映像再現し, 適切な材料を選択して質感のある物体を生成する…これらのプロセスの至るところで,「イメージング科学」がキーテクノロジーとなります。 千葉大学大学院にも、来るべき世界をリードするために「イメージング科学」コースが来年度発足し,我々の研究室では,「色彩情報処理」 「質感画像工学」を中心とした「イメージング科学」を研究していきます。

下のリンクから研究内容の詳細を見ることができます。

>> アーカイブサンプル